犬の保育園&ペットホテルは川崎市の犬家保育堂 



吠え癖・咬み癖について

犬がとる咬む・吠えるといった行動はしばしば飼い主にとって悩みの種となります。何故こんなに気性が激しいのだろう?と悩むかもしれません。しかしこのような行動は犬の恐怖心から生まれている場合もあるのです。

人に慣れさせる事が大切

おとなしく怖がりな犬だからといって咬んだり吠えたりしないとは限りません。むしろこのような犬の方が、明るく元気な犬よりも咬んだり吠えたりする傾向があります。犬は強い恐怖を感じた時に人を咬むことがあり、これまでに人を咬んだことがないと安心していても、ある日突然人を咬むことがあります。このような場合は見知らぬ人に対して強い恐怖心を持っている可能性があります。犬は年をとると警戒心が強くなることが多く、飼い主とその家族だけなど、特定の人としか関っていない場合、家族以外の人に強い恐怖を感じる事があるのです。その為、咬まない様にするトレーニングだけでなく、人に慣れさせるトレーニングも必要です。人を怖がる犬は、人が寄って来ない様に唸ったり咬みつくふりをしたりします。それでも近寄ってくる人には我慢出来ず咬みつくことがあります。人に慣れさせ、恐怖心を取り去り、更に飼い主が注意する事で人への咬み付きを未然に防ぐ事が出来ます。

飼い主の何気ない行動が原因になっている事も

犬が吠える原因は、恐怖心以外にも、ストレスがたまっている、要求を叶えてもらう為、興奮して等、様々です。その中でもストレスによるものは、飼い主に原因があることが多いと言われています。犬が快適に生活する為の環境を提供できているか確認しましょう。また、何かをして欲しい時に吠えるのも、飼い主の対応に問題があると思われます。犬が吠えてうるさい時、静かにしてもらう為にオヤツを与える飼い主をしばしば見かけますが、これでは吠えるとオヤツをもらえると、犬に学習させてしまっていることになるのです。

吠える、咬むなどの問題行動にお困りの場合、プロのサポートを受けるのが解決への近道です。
特にお忙しくてなかなかトレーニングの時間を取れないという方は、通園型トレーニング施設である犬の保育園をお薦めします。町田市など川崎市麻生区付近で犬の保育園をお探しでしたら犬家保育堂をご利用下さい。新百合ヶ丘駅から車で8分というアクセスしやすい場所にございます。ぜひ一度ご見学にお越しください。