犬の保育園&ペットホテルは川崎市の犬家保育堂 



子犬のしつけに最適な部屋づくり

新しく子犬を迎えるとなると、どのようにしつけていくか考えなければなりません。それと同時に、室内で世話をする場合はしつけを行いやすい部屋づくりも大切になってきます。こちらでは子犬のしつけに最適な部屋についてご紹介致します。

いたずらのきっかけを作らない

子犬はとても好奇心が強い生き物です。気になる物は何でも口に入れたり、かじってしまうことが良くあります。中でも特に注意が必要なのはコンセントです。コンセントはかじると感電してしまう恐れがあり危険です。直接コンセントに届かない様部屋のレイアウトを工夫したり、カバーを付けましょう。実際に子犬が良くかじるのはコード部分ですので、コードにもカバーを付け、届く所にコードがぶら下がっていたりしない様に気を付けましょう。次に多い悩みがゴミ箱荒らしです。やって欲しくないいたずらに限って、子犬にとってはとても楽しい遊びになるようです。犬の届かない所にゴミ箱を置いたり、食品は戸棚や冷蔵庫に保存しましょう。また、台所に入れない様にゲートを付けるのも良いでしょう。台所以外のゴミ箱については蓋付の物を選んだり、置き場所を工夫する等、環境整備をしていたずらを未然に防ぐ事が大切です。いたずらは成功させない事がポイントです。また、意外に身落としがちなのが観葉植物です。中には犬が食べると有害な植物もあるので、犬が口にしない様、注意が必要です。出来るだけ観葉植物を置かないことをお薦めします。

床材の選び方

フローリングの床は滑りやすいので犬の骨や関節に負担を掛けてしまう恐れがあります。滑りやすいフローリングにはカーペットなど滑り止めになるものを敷く事が望ましいでしょう。また、転居やリフォームのタイミングでしたら、ペット対応のフローリングを施工出来れば安心です。ペット対応の床材、もしくはペット対応のフローリングコート等も種類があります。カーペットを敷く場合、犬が粗相をしてしまう事もあります。また毛足が長いと爪や歯などを引掛けて怪我の原因になる事もあります。怪我やトラブル防止の為にも、犬種や年齢に応じた床材を選ぶようにしましょう。

しつけは子犬が安全に生活できる環境を整えてから行うようにしましょう。
一番良いのは子犬を迎える前にきちんと準備をすることです。子犬のしつけは根気強く行わなくてはなりません。しかし中には、しつけに多くの時間を割く事が難しい方もいらっしゃるかと思います。そういった方には犬の保育園のご利用をお薦めします。犬家保育堂は、川崎市にある犬の保育園です。お預かりしている間に犬のしつけを行います。早朝や夜間の送迎も可能ですのでお忙しい方はぜひご利用ください。保育園の様子はブログでご覧いただけます。見学も随時承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。