犬の保育園&ペットホテルは川崎市の犬家保育堂 



犬の健康管理について

犬と暮している飼い主にとって、愛犬の健康管理は大切な日課です。犬は体調を崩してもそれを言葉で伝える事が出来ません。日頃から顔や行動の変化、身体を触ってのチェックを習慣づけましょう。こちらでは、犬の健康管理のチェックポイントをご紹介いたします。

目のトラブルで最も身近なものは「涙やけ」ではないでしょうか。「流涙症」といって、涙の過剰排出や目以外からの排出が難しくなることで、目から排出される涙の量が増え、目頭を中心に目の周りや鼻にまで色素沈着が生じます。眼球のケアは勿論、食事内容の変更や運動で老廃物を目以外から排出しやすくしてあげることで改善されることがあります。また、特に短頭種の犬では突出した眼球を傷つけてしまうという事故も多く耳にします。左右非対称に目ヤニや涙がたくさん出ていないか、充血していないかなど、目と目の周囲の健康状態にも日頃から気を配る様にしましょう。

鼻の湿り具合は愛犬の健康を判断するのに重要なポイントです。正常な状態の鼻は湿っています。もし、鼻が乾いていたり、鼻血が出た時には注意が必要です。免疫系の病気や風邪、鼻炎、蓄膿、頭部の打撲の恐れがあります。ただし、睡眠中や寝起きの時の鼻は乾いていますので、起きている時の鼻の状態を確認しましょう。

歯茎が赤黒かったり、出血をしていたり、黄ばんだり、口臭がある場合は注意が必要です。歯周病や虫歯の恐れがあります。また、犬も人間と同じように口内炎になることがあります。歯磨きの実施と、1日1度、口をしっかり開けて、中まで状態を確認するようにしましょう。

以上が日頃、注意しておきたいチェックポイントの一例です。
しかし、旅行などの宿泊を兼ねてのお出かけの際になど、ペットをしばらく見る事が出来ないといった事も出てくるはずです。そんな時にはペットホテルを利用してみてはいかがでしょうか。神奈川県川崎市麻生区にあるペットホテル犬家保育堂では、多くの犬を世話してきたドッグトレーナーのスタッフが愛犬のお世話を致しますので、健康状態の変化にも敏感です。新百合ヶ丘駅から車で約8分とアクセスも便利ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。